お知らせ

日本人と欧米人の身体の違い

日本人の骨格は骨盤が後ろに倒れやすく、肩が前に出てきて自然と猫背になりやすい傾向にあります。逆に欧米人は横から見ると背骨の弯曲が強く後ろへそり返っています。モデルの映像を想像するとわかりやすいかと思います。

筋肉にも影響し日本人は前面の筋肉が発達しやすく、欧米人は背面の筋肉が発達しやすいのですらっとして見えます。

さてこれはなぜか??

実は歴史的要因が関係しています。

日本人は”農耕民族”なので、収穫作業など昔から前かがみの姿勢で作業することが多く前側の筋肉が強くなり、欧米人は”狩猟民族”だったため、パワーを出すために体幹を意識して後ろ体重になり、弓矢を引いたりなど背面の筋肉が発達したと言われています。

よって日本人は特に猫背になりやすいため、特に日頃から身体を反らすと言う事を意識いていく事が重要です。

デスクワーク、スマートフォンなどをしているとさらに身体が丸くなっていきます。猫背になると腰痛・肩こり、膝痛等の要因となり、内臓や神経にも負担をかける可能性があります。

共立総合整骨院では治療方針として、反らす身体作りを意識して日頃から施術に取り組んでいます。猫背でお悩みの方はいつでもご相談ください。

 

  • 症例記事
  • 2019/11/16

診療のご紹介

  • 美容メニュー|イメージ
  • 接骨|イメージ
  • 整体|イメージ
  • マッサージ|イメージ
  • 鍼灸|イメージ
  • 交通事故治療|イメージ
  • 妊婦|イメージ
  • IASTM|イメージ
  • スポーツリハビリ|イメージ