お知らせ

テニス肘

スポーツでのテニス肘とは…

 

テニス肘とは、テニスの様にラケットを持って行うスポーツをする方にみられる肘の疾患です。

腕の筋肉は肘に、ほとんど付着しています。腕を使いすぎたり、

ボールの衝撃等で肘に負担がかかることにより、筋肉や腱の微細な断裂により、テニス肘になります。

肘の外側痛める場合(上腕骨外側上顆炎)と、

肘の内側を痛める場合(上腕骨内側上顆炎)があります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1発生要因

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

腕を酷使したり、腕の筋肉の柔軟性低下・プレイスタイル・ラケットの問題等、

様々な原因が考えられます。

上腕骨外側上顆炎はテニスのバックハンドをした際、

ボールの衝撃で筋肉が付着する肘の外側に負担がかかって発生しることが多いです。

上腕骨内側上顆炎はテニスのフォアハンド等により、肘の内側に痛みが発生します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2症状(重症度によって異なります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手首を曲げたり伸ばして肘が痛む(外側損傷場合、手を手の甲側に曲げると肘が痛む。内側損傷の場合は手を手のひら側に曲げると肘が痛む。)

圧痛 (肘の傷めた箇所を押すと痛みがあります。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3肘を痛めた直後の処置

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

炎症を抑える目的にRICE処置を行います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

痛み除去、再発予防の為のリハビリテーションとは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   ●痛みが出ない様、包帯やテーピングや肘バンド等の固定。

                   ●腕の筋肉の緊張を緩める手技。

                   ●筋肉が修復した後、肘の筋力戻す為のリハビリ。または、ストレッチングを                     十分行い筋肉の柔軟性をつけることが重要です。

試合や大会には、ホワイトテープやキネシオテープやサポータ―などを巻き、痛み出ない様に処置をします。

共立グループに来院し改善した実績が数多くあります。

一度、当院までご相談ください。

テクノスグループ

共立総合整骨院

  • 症例記事
  • 2019/02/04

診療のご紹介

  • 接骨|イメージ
  • 整体|イメージ
  • マッサージ|イメージ
  • 鍼灸|イメージ
  • 交通事故治療|イメージ
  • 妊婦|イメージ
  • IASTM|イメージ
  • スポーツリハビリ|イメージ